(1)キャバクラでキャバ嬢としてお仕事するのに不向きな人のタイプ

1.愛想が悪い・挨拶ができない

 これは、キャバ嬢に限らず、接客業全般において言えることだと思いますが、まず「挨拶ができない」人は失格です。
 どんな業種でも、まず基本は挨拶です。
 これは、お客様に対してはもちろん、お店のスタッフや同業のキャバ嬢同士においても重要で、コミュニケーションの基本ですよね。
 この挨拶もろくにできない・しないタイプの人は、必ず「トラブルメーカー」になります。
 
 あと、型通りの挨拶はできるけど、愛想の極端に悪い、いつも仏頂面や不機嫌な表情の女性っていますよね。
 このタイプも、キャバ嬢になるのは向いていません。やめといた方が良いですね。
 何よりこのタイプは、お客様をイヤな気分にさせてしまいます。
 客商売として、これは致命的な要素で、お店の売上にも関わってきてしまいます。

2.口が悪い・他人の悪口が好き

 これは本来女性全般に根強くある傾向なのですが、「悪口を言う」女性はキャバ嬢としては向いていません。
 キャバクラに来る男性客は、日常の仕事や人間関係の疲れを癒す気分で、気持ちよく女の子とお喋りでして、
 お酒が飲みたい、と思って来店します。
 お客様は基本、毒は吐き出したくても、毒は食らいたくはないのです。
 そんなものは昼間仕事でさんざん浴びているからです(笑)。

 だから、キャバクラの席では、昼間溜まった毒を解毒してくれる柔らかくて優しい器の女性を求めているのです。
 そういうニーズなのに、キツくて毒や悪口を撒き散らす女性が男性に支持される道理ではないのです。
 
3.自己主張が強くて聞き下手

 上でも述べましたが、キャバクラに来る男性のお客様は、基本、昼間の仕事で溜まったストレスや疲れを
 発散して、癒しを求める目的で来店してきます。
 なので、自分の話を気持ちよく聞いてくれるキャバ嬢を求めています。

 つまらない話でも、上手に合いの手を入れたり、共感の相槌を入れてくれたり、しょうもないすべりまくってる
 ギャグやジョークにも、面白そうに笑って褒めてくれたり、する女の子を求めているのです。

 ですから、聞き上手で、リアクション上手の女の子はとっても喜ばれ重宝がられます。

 その反対に、お客様の話をディスったり、つまんないと言ったり、上の空で聞いていない態度を取ったり
 するような空気の読めない女性は、キャバ嬢には向いていません。
 まして、自己主張が強い性格で、お客様の話はそこそこに、自分の話ばっかりするようなキャバ嬢は
 失格といって良いでしょう。
 
 このような性格を自覚している人は、キャバクラでのお仕事はやめた方が良いと思います。
 
 共通しているのは、「お客様が来店した時より愉快な気分、幸せな気分になって帰路に着く」
 のか?「お客様が来店したことで気分を害し、ああ、来なきゃよかったこんな店!」と思って
 帰路に着くのか?
 前者の気分にさせるキャバ嬢は、キャバクラでお仕事をするのにとても向いている適性のある女性、
 後者の気分にさせるキャバ序は、キャバクラでお仕事をするのにまったく向いていまい適性の無い女性という話です。