キャバ嬢としてブレずにやっていく!心の持ち方とは?

(1)「サービスのプロ」という自覚を持つ

キャバ嬢やホステスなどの水商売、夜の接客業には、実に様々なお客様がいます。
良いお客様ばかりではなく、中には、面倒で嫌なお客様もいます。
良いお客様の相手は誰でもできます。プロフェッショナル度が試されるのは、「イヤなお客」に対する接客姿勢です。

本当に嫌なことを言って来たり、態度の悪いお客様というのもキャバクラの場合は珍しくありません。
なんとなく生理的に苦手なタイプや、気持ち悪いなぁと思うようなタイプのお客様も少なくないでしょう。

そういった場合のお客様に対する態度で、プロかアマかが決まり、引いてはそのキャバ嬢の相対的なポジション
まで決まってしまいます。

そういうお客様に対して内心「うるさいなぁ」とか「うざいな」とか「キモイ」とか思ったとしても、それを口や態度に
出すことは、接客のプロであるキャバ嬢としては失格です。

どんなお客様であっても、「お金を払ってわざわざ来店してくれてるありがたい存在」と思わないとそういうものは態度に
如実に出てしまいます。

私は、「おもてなし」のプロなんだ、という自覚を常に持つことが大事であり、サービス精神を絶えず肝に銘じておいてください。

こういった根本的な考え方は、お客様には伝播します。

美人であっても、人気のキャバ嬢と不人気のキャバ嬢を長い目で見て分けるポイントはココです。

(2)必要以上に「媚びてはいけない」

上記のように、どんなお客様であっても対価を支払ってわざわざ足をお店まで運んでくれる大事な顧客という「おもてなし」の精神で
接客することは、根本的に最も大事な姿勢ですが、だからといって無用にお客様に媚びることは厳禁です。

気持ちの良いソフトな接客と、ベタベタ、ヘラヘラ媚びる接客は似て非なるものです。

特にありがちなのは、どこかの大企業のお偉いさんとか、弁護士や医師などのステータスの高い職業や大金持ちの
お客様が来ると、自分の顧客になってもらいたいばかりに、媚びまくりのキャバ嬢がいますが、これは最低の接客であり、
他のお客様の目にもみっともなく映ります。

なにより、そんなことをしても、そういったお金持ちたちは胡麻を擦られることは日常茶飯事なので、「なんだ、この
子も金持ちにはヘコヘコする乞食根性の子か」と内心で見下され、軽蔑されてしまいます。

ですから、どんなお客様に対してもフラットでおもてなしの心を持って行き届いたサービスを心掛けるとともに、
卑しい心で媚びることはしないように肝に銘じておきましょう。

(3)常に全体を見渡せる目を持つ

これはキャバ嬢に限った話ではありませんが、仕事のできる人というのは、自分だけでなく、常にまわりのことを考えながら
仕事を進めています。

キャバ嬢で言えば、自分がお仕事することによって、自分だけじゃなく、まずは、お客様が楽しめて寛げているか?
ボーイなどのお店のスタッフに迷惑になっていないか?他のキャスト(同僚のキャバ嬢)にもプラスになっているか?
などを常日頃からバランス良く考える姿勢が大事です。

こういう姿勢で毎日働いていると、自然とお店全体にその考え方は伝播して、スタッフも他のキャストもそのキャバ嬢
を盛り立てようとしてくれるようになります。