キャバクラ嬢の給与システムってどうなってるの??

今までは、昼間の仕事をやっていたけど、キャバクラで働いてみたい。だけど、お給料がどんなシステムで決まってるのかさっぱりわからず不安。。
という人は少なくないと思います。
そこで、ここでは、キャバクラにおける代表的な給与体系やシステム、給与の計算の仕方などを紹介していこうと思います。

(1)最も基本となる給与の構成要素:「時給」

キャバクラ嬢の場合も、他のアルバイトやパートなどと同じく、基本になる給与のベースは時給です。
ただし、他の仕事などとちょっと違うのは、キャバ嬢の時給は「仕事の成果、成績によって変動する」ということです。
ですから、例えばコンビニやファミレスのパートのように基本一律の「時給900円からスタート」みたいなものではないのです。

キャバクラの「変動時給システム」は、そのお店、そのチェーンによって異なってきますが、大まかな基本はあります。
その代表的なものを以下に紹介していきます。

1.売上スライド方式

 これは、そのキャバ嬢の叩き出す売上(本指名獲得の売上合計額)によって、時給がスライド(変動)するシステムです。
 だいたい、売上額10万円単位ごとに、階級が上がり時給も変動して上がっていく感じになっているお店が多いです。
 具体的に例を挙げれば、例えば、本指名の売上合計が2万円だったら、最低基本設定時給の2500円、売上合計額が10万円代なら、
 それより時給も500円上がって時給3000円、といった具合に、そのキャバ嬢の本指名による売上貢献額で時給は変動していきます。

2.ポイントスライド方式

 この方式は、本指名だけではなく、同伴や場外指名なども、ポイントとして加算して、その累計ポイントによって、時給が
 変動してくるシステムです。
 この方式を採用しているお店が最もポピュラーだと思われます。
 具体的にどういうポイント換算をしているかといえば、本指名なら1時間につき1ポイントなら、時間を延長すればそれだけポイント
 が加算されていきます。場外指名だけなら、0.5ポイントとか、同伴なら2ポイントとか、明確に、ポイントとして成果報酬制に
 反映させる方式です。

この他、上記2つの方式をミックスさせて給料を算定しているお店もありますが、いずれにしても、キャバ嬢の時給は、一律ではなく
変動するということを覚えておいてください。

(2)各種バック

 キャバ嬢の給与のベースになるのは、時給ですが、これに加えて大きな構成要素に「バック」というものがあります。
 「バック」とは、いわゆるキックバックのことで、色々な成果に対して支払われるインセンティブな給与のことです。
 以下にざっくりと具体的なバックの種類を挙げていきます。

1.本指名バック→その名の通り。基本1000円前後が相場。

2.ボトルバック→お客様がニューボトルを入れられた際に発生するバック。相場は、ボトル料の10%程度のキックバック。

3.同伴バック→同伴によって生じるバック。2~3000円程度が相場。

4.売上バック→主に高級店には多いキックバックで、本指名に対して数パーセントのバックが生じます。

以上が、代表的なバック報酬ですが、お店によっては、独自の細かいバックがあるところもあります。

(3)雑費

キャバ嬢には上記の他に、「雑費」「送迎代」などが付くお店がほとんどです。
これらは基本的に1日に付きいくらいくらと最低支給額があらかじめ決められます。
相場としては、雑費で1日500円、送迎代で1日1000円ぐらいのお店が多いです。