キャバクラで働くために必要なスキルってある?

(1)男性心理を知りましょう

まず、はじめに大前提として常に頭に置いておかなければならない事項として、お客様の男性は、気を遣いたくて
キャバクラに来るのではない、ということです。

何が言いたいかと言えば、「客に気を遣わすようなキャバ嬢は即失格」ということです。

まず消去法としてまっさきにこのタイプは論外、というのを挙げました。
これはキャバクラに限らず接客サービス業全般に言えることですが、客商売であるにも関わらず、お客様に
神経を使わせる接待役は論外です。

特に、キャバクラの場合には、ほとんどの男性客は、昼間の仕事のストレスや人間関係のむしゃくしゃしたことなどを忘れて、
癒されに来ている心理があります。

その心理に寄り添った接客ができなければ、お客様は満足しないどころか、その後わざわざ指名などしてくれません。

まずは常に「自分がもしお客だったら」とカスタマー心理を考える癖をつけましょう。
そして、女性心理とはだいぶ異なる男性心理を知ることがお気に入りのキャバ嬢に近づく早道になると思います。

(2)「目を見て微笑む」

ほとんどの男性の場合、ムスっとしたりツンとすました態度の女性より、ニコニコと愛想の良い女性の方が好きです。
女性の場合であれば、顔や容姿がクールでかっこいい男性ならツンとすました男の方が、かっこ悪い容姿や顔の
愛想の良い男より好き、というケースが多いですが、男性はほぼ違います。
こういう嗜好の男性もいますが、それは少し変態性癖のある少数派と考えて良いです。

普通好みの方の場合、いくら顔が美人でも、上から偉そうに接したり態度の悪い女よりは、少々顔のレベルは落ちても、常にニコニコして
愛想の良い接客態度の女をほとんどの男性は選びます。
その方が気分が良いからです。

このへんは男性心理は非常に単純明快だと考えていいです。

ですから、基本として、まず、どんなお客様に対しても、相手の目をじっと見て、ニコッと微笑みかけてください。
まずとっかかりとして、これをやるのとやらないのでは、その後の心象や会話の弾み具合が大きく違ってくるでしょう。

(3)「『あなたは特別』という優越感を与えるスキル」

ほとんどの男性は、仕事で競争社会の日常を生きています。
キャバクラに来店するお客様も当然そうです。

男性は大抵の場合には「俺は人とは一味違う」と思ってます。
そのプライドをくすぐって満たしてあげましょう。

「○○さんみたいなユニークな人って初めて!」
とか
「○○さんの声ってなんか癖になる響き」
とか
大げさなヨイショでも構いません。

要は「あなたは他とはちょっと違う」特別感を出してあげれば良いのです。

ほとんどの男性は、気分を良くすることでしょう。
ただし、反対の意味で使ったら逆効果ですよ(笑)。

あくまで、プラスの方向で褒めてお客様に優越感を与えてください。